弊社代表の高浜敏之と、元宮城県知事浅野史郎氏の対談記事が、2021年11月27日(土)の朝日新聞(朝刊)第6面に掲載されました。

元宮城県知事であり、厚生省(当時)の障害福祉課長を務め、現在は株式会社土屋のアドバイザーを務める浅野史郎氏と”重度訪問介護”の未来の可能性について対談を行いました。

◆ 過去の障がい福祉制度と命の尊厳の有無
◆ 「地域で生きる」を実現するまでの道程
◆ 重度訪問介護が切り拓く”社会課題とは”

これらを軸に”重度訪問介護が変える未来”についての対談となっています。
是非お手元に朝日新聞をお持ちの方はご確認ください。

また、広告朝日様のTwitter(@adv_asahi)上にも本記事がツイートされています。
記事画像をご覧になりたい方は下記よりご確認ください。

広告朝日の該当ツイートはこちら

【動画公開】朝日新聞広告特集掲載対談〜『多様性を認め合う社会へ 重度訪問介護が変える未来』

対談の模様を収めた動画を公式YouTubeチャンネルに公開いたしました。

なぜ今、重度訪問介護なのか。

日本中に数えきれないほどの“施設”がある今、障害を持つ人、難病を抱える人、高齢者、そういった人を施設ではなく地域で生きていくことをサポートする動きがあります。それはいったいなぜなのでしょうか。

その鍵となるのが「重度訪問介護」なのです。

「重度訪問介護は世界に冠たる制度」と語る2人が、

「なぜ、重度訪問介護でなければいけないのか」

「なぜ、重度訪問介護は魅力的なのか」

を語り尽くします!!

TOP