人材確保について / 大庭竜也

  • sns

今回のコラムは人材確保について書いていきたいと思います。

私たちの事業は万年、人手不足と言われており、株式会社土屋でもまだまだ人手不足だと思います。ニーズはたくさんあり、スタッフがいればニーズに答えられるのに。
他にも、人手不足による過重労働などがまだまだあると思います。

人材を確保するためには、大きく分けて4つあると思います。
各種求人広告媒体
人材紹介
リファラル採用(社員紹介採用)
オウンドメディアによる採用

こちらの4つかと思います。
その中でも現在、メインで稼働しており、採用率が高いのが求人広告媒体です。
この求人広告媒体だけでも人材は確保できるのですが、それだけではまだまだ足りないと考えております。
見えないニーズや過重労働を少しでも早く解決したいと考えております。
その為には、新しいスタッフの確保が必須です。

新しいスタッフを一人でも多く確保するためには、先ほど挙げたリファラル採用とオウンドメディアによるマーケティング活動の活性化が必須だと考えています。

リファラル採用を活性化させていく為には、従業員の皆様一人ひとりが株式会社土屋の従業員だと誇りを持てるような会社にならないといけないと思っておりますし、この会社に知人や友人を紹介したいと思える会社にしていきたいと考えております。

オウンドメディアによるマーケティング活動では、現在マーケティング部の方々が取り組みを行ってくれております。CMの作成やSNSの活用、また毎日配信のコラムやプレスリリースの配信などです。
株式会社土屋の存在を日本の全国民に配信してくれており、少しずつ知名度が上がってきており、ホームページからの採用率等も増加しております。
こういった取り組みを毎日行う事で、この会社で働いてみたいと思ってくれる方々の応募があり、新しいスタッフとしてお力を貸してくれる存在になると思っています。

求人広告媒体をメインで活用していくことは継続した取り組みだと思いますが、より一層スピード感をもった人材の確保が必須だと感じております。
その為には、リファラル採用とオウンドメディアの活用は必要になると考えております。

この2つに関して一番大事な事は、ヨコの繋がりです。
リファラル採用は従業員の皆様のお力が必ず必要です。
オウンドメディアの活用はマーケティング部の方々のお力が必要です。

従業員の皆様が知人や友人を紹介したくなるような会社にすることや、リファラル採用のシステムの構築に尽力していきたいと思っております。

 

大庭 竜也(おおば たつや)
本社・総務

 

  • sns