社内公募企画第五弾「あなたが頑張っていたこと、いま頑張っていること」 / 佐藤健輔(ホームケア土屋 静岡)

  • sns

『物書きとして』

小説、と聞いて皆さんが思い浮かべるものは何ですか?
文芸小説と呼ばれる芥川賞などを受賞している作品だろうか?
それとも映画化されるようなハリーポッターのような海外の原作小説だろうか?

私が紡ぐのはさらに別なもの。
世間一般ではライトノベルと呼ばれているもの、それもアニメや舞台化、ドラマ化されている様な物では無く、とある無料サイトで連載しているものだったりします。

割と最近は電子化が進んで久しい書籍界隈は紙の本を読む機会が少なくなっているのですが……それはそれで悪い事ではないと私個人はとらえています。なにより手軽に読めるし本の手入れ(陰干ししたり)もいらない、しおりも自動的に挟まれるという至れり尽くせり……良く紙の媒体が続くもんだと感心しきりです。

そんな最先端(?)のWEB小説投稿サイトが私の趣味としての戦場であり、心の洗浄も担う場である。
まあ、内容としては剣と魔法のファンタジーに自分なりのエッセンスを加えたオリジナルの作品。ありふれ過ぎてて笑ってしまうだろうが、そんな中でもやはり突出している人気作品はアニメや舞台になっている。

最近よく見るWEB小説原作のアニメ、面白いですよね?
面白いんですよ。
大人が見ても楽しめる、子供が見ても楽しめる、男性が見ても、女性が見ても楽しめる。
その作品、実は何十万と日々生み出されていく物語の頂点なんです。
その頂に立つ途中経過に「書籍化」という過程があるんですが……今そこを通過できたらいいなーと書いてたりします。

なかなか最近は執筆時間が取れず、毎日更新していたものが三日に一回に減り、一週間に一回の週間更新になり、今では不定期連載となってしまいました。
毎日更新の頃から読んでいただいている読者の方から「続き待ってます」と言われてうれしい反面、申し訳ないと感じる事もあります。

これをまた、毎日とは言わずとも定期連載に戻して……新しい連載を出すために、今は少しずつ、毎日数十分ずつなんとか時間を作って続きを楽しみにしている人たちに届けようと頑張っていたりします。

「……どうでもいいけど自己紹介は???」

あ、すみません、忘れてました。
とある干物がおいしい所でOM(オフィスマネージャー)してる佐藤です。

「今更過ぎる上に……口が裂けても仕事を頑張ってるとは言わないんだ……」

いやほら、まじめな事は皆が書いてくださってるので私はちょっとおふざ……脱線しても良いかなーと。

「文字だと本音が見える上に証拠が残るんだけど……そもそも採用されなかったら?」

その時はその時で。
どこかでまじめな話題に手を出して、お目見えさせていただければ。
このコラムで楽しんでくれる人が一人でもいればリハビリとしては上出来かな?
なんで頑張っているか。はどこかの機会があれば……

 

佐藤 健輔(さとう けんすけ)
ホームケア土屋 静岡

 

  • sns