より良い組織づくりのために ~社員と社会の繋がりを感じられる組織に~ / 吉田政弘(専務取締役兼CFO 最高財務責任者)

  • sns

私は何社か転職していくつかの組織を見てきたが、良い組織もあれば悪い組織もあった。

良い、悪いは主観的な判断なので一概には言えないが、一つ共通して言えるとすると、悪い組織では社員がどこか諦め、妥協していたように思う。

もちろん社会で働く以上、嫌なこともあれば、思い通りにならないこと、従わなければならないこと等様々なことがあり、その上で組織の秩序が保たれるということもあるため、全員が何も気にせず自由奔放に仕事をする組織などありえないが、良い組織ではそのような嫌な環境や制約でさえも当然のように各人に消化され、その組織のメンバーが諦めや妥協を抱くことは無かったように思う。

上司にある提案をし、上司から非承認・NGが出た場合、良い組織であっても悪い組織であってもその案は却下されることになるが、良い組織の社員はそれを受けても納得し、悪い組織の社員はそれを受けて不貞腐れ、諦め・妥協という形で従う。そして陰で文句を言い、その上司のことを悪く言う。

悪い組織ではその他の組織の動きに関わる様々なところで上記の例のようなことが起こり、組織内は他人の悪い噂や後ろ向きな話が飛び交っていたように思う。

「あいつは、、、」
「あの客は、、、」
「あの上司は、、、」
「あの案は、、、」

このような組織に属していると、自分まで心がすさんでいくような気がしたのを覚えている。

一方で、このような発言をしながら仕事をしている人の気持ちが分からないでもない。

このような人たちは一言で言ってしまうと仕事が面白くないと感じ、やらされている人達なのだと思うし、むしろこのように仕方なく仕事をしている人も多いだろうと思う。
やりがいを感じられていないため、目の前で起こる小さなことにしか目がいかず、それについて騒いでしまう。

特に「大企業だから。」「安定した職に就きたいから。」という理由で働いている人が多い大企業では、半分近くが上記のような諦めと妥協と惰性で仕事をしているのではないかと思う。むしろそういう人が大企業では定年まで残る傾向にあるとも言われている。

私もあのまま何も考えず、高い給料を貰いながら惰性で仕事をしていたら同じようになっていたかもしれない。

上述の中で、「大企業では」という書き方をしているが、大企業が必ずしも悪い組織になるという訳ではない。
上場している大企業でも社員が活き活きと働き、上で書いたような諦めや妥協で仕事をしているという感じではない会社・「良い組織」もある。
同じように、小さな会社でも社員が諦めや妥協で働いているような、いわゆる「悪い組織」になってしまっている会社もある。

では良い組織と悪い組織の差は何か。

良い組織では、社員が「自分は社会貢献している、出来ている」と感じることが出来ており、悪い組織ではそれを感じられていないという点で差が付いているのだと私は思う。

上述で「大企業では」という書き方をしていたが、組織が大きいから悪いということではなく、組織が大きいために社員個人がその大きな組織に埋没してしまい、いくら会社が社会貢献をしていたとしても、その動きやその動きに繋がるその社員個人の仕事が社会に貢献している、出来ていると感じにくくなってしまうという点で悪い組織になりやすいのだと思う。

簡単に言えば、組織が大きいと自分の仕事と社会の繋がりを感じにくくなるため、仕事を面白いと感じられなくなってしまいやすいということである。

では、これから更に会社規模が大きくなっていく株式会社土屋が、より良い組織になっていくためにはどうする必要があるだろうか。

まずは、会社が常に社会貢献を目指す組織であるということを社員に知ってもらう必要がある。
具体的にはミッション・ビジョン・バリューを社員に知ってもらい、納得してもらう必要がある。

次に、いくらミッション・ビジョン・バリューが社会貢献を志向していたとしても、それが自分と繋がっていると感じられなければ、その会社はただの上層部だけが騒いでいる宗教組織になってしまうだけであり、社員と会社、社員と社会の繋がりをしっかりと理解できるような運営や体制整備をしていく必要がある。

具体的には社員の行動がしっかりと会社に伝わるような体制を作り、その社員の行いに対して会社が「社会貢献してくれてありがとう」と、その社員を評価するような体制、制度を整える必要がある。

これは「評価制度」のような制度を整えるということも必要であるが、何よりも必要なのは役員、マネージャー、コーディネーターといった社会と一般社員の中間に位置する役職者がしっかりとその任務(社会と社員、社員と社会の繋がりを明示する任務)を遂行していくことであり、中間層の心構えも必要と思われる。

私も現場でアテンダントをしていた時に感じていたが、土屋の事業は疑いようがないぐらい誰かの役に立っていることが明白な仕事だと思う。
しかし、組織が大きくなり、与えられたシフトをただこなすだけといった日々になってしまうと、組織のコマとして使われているような気持ちになってしまい、自分と社会の繋がりを見失ってしまう。仕事が面白くなくなってしまう。

そうならないために、
「社会⇔会社(ミッション・ビジョン・バリュー)⇔社員」
という繋がりを常に感じられるような組織づくりが必要である。

土屋のミッション・ビジョン・バリューはクライアントや社会に向けた貢献の宣誓であるが、同時に、土屋内部の社員が楽しく、有意義に仕事をしていく上でも重要なものである。

 

◆プロフィール
吉田 政弘(よしだ まさひろ)
1982年生まれ、和歌山県育ち

森友学園通園に始まり一橋大学経済学部卒。大学卒業後は銀行、経済産業省中小企業庁、経営コンサルを経て介護の世界へ。株式会社土屋ではCFO最高財務責任者に就任。楽しくなければ仕事じゃないがモットー。趣味はバレーボールとピアノ、ギター、ベース、ウクレレ等音楽鑑賞、演奏全般。

 

  • sns