私が介護を始めた理由 / 原田 岳(ホームケア土屋 岡山)

  • sns

私が介護を始めたのは2019年の3月、私は当時50歳の時に介護業界に転職しました。それは転職を決意したというものではなく、前職の仕事に疲れた…というのが正直なところかもしれません。

当時私は、東証一部上場の某建築事業の営業課⾧として働いていました。
無から有を生み出す建築事業は、地主様の思いをクリエーションし、形にかえるだけでなく、それに携わる方々の雇用も生み出し、また、その後そこに住まれる方々の人生や思い出までに繋がっていく素晴らしい事業だと今尚、思っています。

ただ、いつしか自分自身が「地主様の思いをクリエーションし」という部分において「地主様の思いをコントロールし」になっているのでは?と疑問を抱くようになりました。いつの間にか会社の利益を優先している自分がそこにいて、地主様をいかに自分の設定したゴールに導こうかと考えている。

確かにその導きによって地主様のお考えが変わり、それを利と捉えて下されば良いのかもしれません。ただそれは会社の利益を優先した考えであって、私の求めるものではないところへの導きでした。課⾧となり部下もできると、その部下へも私の求めるものではない導きをしなければならない。私が求めるものではないことはやはり部下も求めているはずもなく、最後には「部下の思いをコントロールし」になっていました。

正直疲れました。
自分に偽らず出来る仕事はないか?と考える日が増え始め、在職しながら転職サイトを見る毎日。若い頃、介護職に興味を持っていたことも思い出しました。あの時、なぜ介護職を選ばなかったのか…給料安い・資格持ってない …だったよなぁなどど考えながら…。

でも待てよ、介護職ってありのままの自分でできるんじゃね?
これが、私の介護を始めた理由です。

ただ問題は50歳・未経験・無資格。この厳しい条件で面接をしてくれる介護職を探しました。その面接でお会いしたのが高浜代表 … 今も忘れませんが、面接で一言、「当社はウェルカムです。」
これが、私が介護を始められた理由です。

人として裏表がなく・良くいえばいい人・悪く言えばお人好し。
友蔵さんのブログにも書かれるくらい、現在は自分に偽りなく、ありのままで頑張っています。

 

原田 岳(はらだ たけし)
ホームケア土屋 岡山

 

  • sns