私が介護のお仕事をはじめた理由 / 佐藤誠之(ホームケア土屋 奥州)

  • sns

「佐藤くん、今の時代を考えなさい」この言葉から介護士としての道が。過去から現在にかけて導いて頂いた言葉であり、きっかけになったのかも知れません。

私が高校3年だった頃アグレッシブで部活を掛け持ったり、生徒会に参加するなど様々なことにチャレンジした中で自分の将来の事も段々と考えるようになってきました。
もともと介護士という選択がなかった私は「スポーツ系や保育系の学校」に進学するつもりであり、職員室で担任の先生にその旨をお伝えした時でした、、、

「佐藤くん、今の時代を考えなさい。これからは介護が必要とされるのだから佐藤くんはそっちの方がいいと思うよ」周りの先生方も口を揃えて私に言っていたことが今でも思い出として蘇ってきます。

もともと部活繋がりで老人ホームへ慰問に行ったり、地域の方々との交流を行っていたこともあったため、その後私は介護の専門学校へ進学し、介護について始まりの一歩を踏み出す事となりました。

当時は介護保険が始まったばかりで専門学校入学時、今よりも介護の道に進みたい方が多い時代でしたが、私にとってはそこからが、茨の道でした。
専門学校から特別養護老人ホームへの就職、その後の介護士としての仕事、介護の厳しい現実を日々勉強していく中で、何度も繰り返し挫折をし、介護が嫌になることも日常茶飯事でした。

月日が流れ、13年の介護の仕事をした中で、次第に「今の現状を変えていきたい、もっと広い世界をみてみたい」、日に日に地元で働く中で限界を感じていくこともあり、一度介護から離れ別の業種にて仕事をしていたものの再度限界を感じてしまい、精神的にも落ち込みがあった中でもたまたま「重度訪問介護」という仕事に出会い、障害福祉の仕事としてまた新しい一歩を踏み出すこととなりました。

私の介護人生の中で文章にまとめきれない程の経験をしてきた中で、重度訪問介護に出会う前は「介護士としての仕事をしてよかった」と思うことが、一度もありませんでした。
しかし現在は介護の仕事に誇りをもって仕事が出来ていると感じています。
介護をはじめるきっかけになった高校時代の先生の言葉に後悔を感じておりましたが、今では感謝へと変わり、私も充実して仕事をすることが出来ています。

私が介護の仕事をはじめた理由は、今思えば「なんとなく」だったのかもしれません。ただ「なんとなく」のおかげで「誇り」と思う今の自分があるため、今も続いている時代の流れの中で、「佐藤くん、今の時代を考えなさい」この言葉に今後も感謝をして日々精進し、自分も相手にきっかけになるような言葉を掛けられる人になれるように経験や勉強に励んでいきたいと思います。

 

佐藤 誠之(さとう まさゆき)
ホームケア土屋 奥州

 

  • sns