私が介護のお仕事を始めた理由 / 尾上真奈花(ホームケア土屋 大分)

  • sns

ホームケア土屋大分の尾上と申します。私は前職では看護師として病院で勤務をしていました。看護師の資格を持ちながら介護業界の扉を叩いた理由は正直なところ、看護師の仕事が嫌になったからです。患者様に何かあった時の責任、日々進化していく医学についていく勉強会、新たなエビデンスの登場で学生時代に習った手技の変化、一人で何人も受け持ちながら違う業務もこなさなくてはならない多忙な日々。そして地方や女性が多い職場あるあるの年功序列や派閥があり、そのどれもが嫌になりました。

そして6年間正社員としてやってきた看護師をやめ、次にやりたいことも見つけられず無職になりましたが、持っている資格は正看護師のみ。看護師しかしたことのない私は、やっぱり看護師しかできない、高い学費を出してもらい看護師になったのに看護師として働かないと勿体無いと思い、外来でのパートなどをしながら求人を探しているとオススメに介護職がよく上がってきました。

介護業界は給料が低い割に大変というイメージがありましたが、その中でも給料が高く、福利厚生もしっかりしている会社を探した結果、前職へ物は試しで応募するとなんと採用してもらえ、私の初めての介護職がスタートしました。

入社した会社は重度訪問介護という聞き慣れない種類で、重度=難しい、大変というイメージで、採用して頂いた時は入る会社を間違えたかなと思いましたが、実際に勤務してみると1日1件の訪問でクライアントに合った介護やお手伝いができ、ゆっくりとコミュニケーションが取れました。

また、吸引や胃ろうの医療行為があるクライアントも居ますので、私自身がすぐに医療行為のある現場の立ち上げに参加できますし、正看護師+研修を受けることで実地指導が可能になり、他社に実地指導を頼むというタイムロスがなくなり、看護師資格のないアテンダントが医療的ケアのある現場に入った際にはすぐに実地研修ができるため、看護師の資格を活かすことができています。

何かあった時の責任は看護師時代と変わらず大きいですが、一人のクライアントをずっと見守れるので事故が起きるリスクも軽減されたなと感じます。介護の仕事を始めた理由はこんな単純な理由でしたが、長時間クライアントと一緒にいることで信頼関係も築け、在宅でそのクライアントにあった介護をしていくため、たくさんの工夫を間近で見ることができるため日々勉強になりますし、とてもやりがいがある仕事なので、この先も私は介護職を続けていこうと思います。

 

尾上 真奈花(おのうえ まなか)
ホームケア土屋 大分

 

  • sns