4歳の苦悩 / 池田憲治

  • sns

過去を振り返って、4歳の頃を思い出してみますが、ほとんど記憶にありませんし、呑気に過ごしていたのではないかと思います。

しかし、私の次男は4歳でありますが、今、ある問題に直面しています。

それは【ファッション】です。

少し前から保育園に着ていく服をリクエストするように。

朝、私たち親が着替えさすのが面倒くさいので、ほぼ寝巻の格好で通園させていたのです。

恥ずかしいくらいの手抜き育児なのですが、、、

それなのに「かっこいいズボン(デニム)を履いていく」と突然言い出したのです。

そんな日々が続き、今度は「仮面ライダーの服を着る」と言い出しました。

しかし、仮面ライダーの冬服しか持っていません。

なぜなら、次男は仮面ライダーを好んで見ませんから、お下がりでもらったその服しかないのです。

不思議に思ったので聞いてみました。

「なんで仮面ライダーの服が着たいの?」

「だってー、、、」

「仮面ライダーが好きなの?」

「嫌い」

「パウパトロールやドラえもんが好きだよね?」

「好き」

「じゃあなんで仮面ライダーの服が着たいの?」

「だって、、、、変なのって言ってくるんだもん」

「!!!!!」

その後も話を色々聞いてみると、どうやら次男の好きな子から「変なの」って言われるのが気になり、好きな子がカッコいいと褒めてくれる「仮面ライダーの服」を着ていきたかったようです。

ファッション問題だと思っていたことが、実は【小さな恋の問題】だということが分かった瞬間でした。

それと同時に、次男は4歳なりに一生懸命考えて行動しているんだなーということを知る出来事となりました。

後日、別の用件で服屋に買い物に行くと「仮面ライダーの服買って」と次男。

でも、本当に好きなのは「パウパトロール」「ドラえもん」の他に「クレヨンしんちゃん」「マリオ」「ミニオン」「トミカ」「プラレール」です。

長男は仮面ライダー好きでよく変身ベルトや武器などを買いましたが、次男は全く興味を示しません。

それなのにまた買ってと言ってくるので、「好きな服を着ていいんだよ」と伝えました。

すると、満面の笑みで「マリオ」の服を持ってくる次男でありました。

やっぱり「好き」なことを「好き」って言えるのはいいですよね。

ごく普通のことではありますが、それが出来ずに人間関係がこじれるなんてこともありますから。

周囲の声も大切ではありますが、自分自身の内なる小さな声にも応えてあげたいものです。

 

池田 憲治(いけだ けんじ)
ホームケア土屋 中国

 

  • sns