BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

2022年の豊富な抱負 / 佐々木優(ホームケア土屋 四国 ブロックマネージャー・法務部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)やりたいこと、在りたい自分、人間臭い日々。アウトリーチ、フィールドワーク、ソーシャル・インクルージョン。共に泣き笑い、誰かの喜怒哀楽のすぐ傍に私はいたい。地下鉄のホームは通勤ラッシュ、乗り込んだ床に倒れている女性。足元のカタマリには

オンラインの功罪 / 佐々木優(ホームケア土屋 四国 ブロックマネージャー/法務部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)第5波が全国的に収束に向かい、かつての日常とまではいかないまでも、観光地や歓楽街はつかの間の賑わいで溢れている。コロナ禍を生きる我々が辿りついた【ニューノーマル】といわれる生活様式は、ビフォーコロナ=コロナ禍前の暮らしとの惜別を意味付けてい

再び「怒り」について考える、私は正しい!は本当か? / 佐々木 優(ホームケア土屋 四国 ブロックマネージャー)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は正しい!は本当か?世の中(公序良俗)の何かについて問われる【正しさ】について思うこと。私もあなたも、あの人もこの人もどの人も、正しいかもしれないし正しくないかもしれないし、その間かもしれない。だから、本当か?と訊かれれば、そうかもし

調和する不協和音 / 佐々木 優(ホームケア土屋 四国 ブロックマネージャー)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)調和する不協和音―――英語では【ハーモニアス カコファニー】というらしい。なんだかハリウッドの女優にでもいそうな響きだが、これは9月5日に行われた東京2020パラリンピックの閉会式のコンセプトであった。私が【不協和音が調和する】と聞いて

ソーシャルとビジネスのバランスについて / 佐々木 優(ホームケア土屋 四国)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)ソーシャルビジネスを手がける企業が、ある社会問題を解決するべく社会資源としての役割を担うことと、株主を中心としたステークホルダー達の信を背負い営利を追及すること、このバランスについてどうあるべきか。主として介護を業とする当社の管理者層のなか

自信と驕り(おごり)の違い / 佐々木 優(ホームケア土屋 四国)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)今回のコラムはいつもより長くなりそうなので、結論から先に述べよう。まず【自信】とは、自らの能力や価値を信じ、未来にも安心感が持てるポジティブな心の在り様である。そして私が考える【自信を構成する要素】は以下の通りだ。①知識(相当する学びや

信頼について / 佐々木 優(ホームケア土屋 四国)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「コミットって誓約なんだよ!佐々木さん、スタッフを信頼してもいいけど、絶対に信用したらダメなんだよ!分かってるのか?!(怒)」これは、かつて私が金融業に就いていた頃、当時のエリアマネージャーから投げかけられていた言葉だ。支店の貸し付け月末

もうなんかしんどい、という誰かを抱きしめろ② / 佐々木 優

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)時々、自分に自信が持てなくて、無能感、無力感に押し潰されそうになることがある。自分は現場の仲間のことが本当に見えているのだろうか、想いをしっかり受け止められているのだろうか、そして、仲間達に向けて伝える私の言葉は、果たして的を得たものなのだ

私のエゴと四つ葉のクローバー / 佐々木 優

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私はシロツメクサが好きだ。いや、というよりもクローバーが好きなのだ。散歩途中の緑地でシロツメクサの群れを見つけると、私はいつも座り込んで四つ葉のクローバーを探し始める。四つ葉の発生率は1万分の1、五つ葉は100万分の1とも言われている。

より良い組織作りのために / 佐々木 優(ホームケア土屋 四国)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)今現在で良い組織作りができているかどうか、全くもって自信がない私が、このことについて話さないといけないのは少し酷だと感じている。なぜなら、【これから私は○○をしていきたいと思います。】のような、決意表明か反省文か分からないモノを読むよりも、

TOP