Nexus(ネクサス)土屋
(福祉サービス相談支援所)

Nexus土屋ロゴNexus土屋ロゴ

福祉サービスを利用するには

1

障害をお持ちのご本人、またはご家族(保護者・後見人)から、各市町村へ福祉サービスの「利用申請」を行っていただきます。
矢印

2

各市町村からご本人、ご家族等へ「サービス等利用計画案・障害児支援利用計画案提出依頼書」が交付されます。
矢印

3

指定特定相談支援事業所(以下、相談支援事業所)を選定していただき、相談内容にご納得いただいたうえで契約していただきます。この間に各市町村が、ご本人に対して「障害支援区分の認定調査」を行います。
矢印

4

ご本人、またはご家族等からの情報収集をもとに、皆様の思いをくみ取ったうえで、相談支援事業所が「サービス等利用計画案」「障害児支援利用計画案」等を作成します。これらの計画案は、ご本人、ご家族等がご確認のうえ、同意書にご署名いただきます。
矢印

5

相談支援事業所が、各市町村へ「サービス等利用計画案」「障害児支援利用計画案」を提出します。
矢印

6

各市町村が、障害福祉サービス等の支給決定を行います。同時に各市町村から「支給決定通知書」「受給者証」「計画相談支援がご本人、ご家族等に送付されます。
矢印

7

相談支援事業所が、支援を担当する事業所、医療機関等と連携して「サービス担当者会議」を行い、「サービス等利用計画書」「障害児支援利用計画書」を作成します。これらの計画は、計画案同様に、ご本人、ご家族がご確認のうえ、同意書にご署名いただきます。
矢印

8

各「計画書」をもとに、福祉サービス等の利用をスタートします。
矢印

9

サービス開始後は、相談支援事業所が「受給者証」に定められた期間をもとに、定期的な「モニタリング」を行います。「モニタリング」とは各種福祉サービス等の利用が、相談支援事業所が作成した「計画書」と合致しているのか等を確認することです。この内容は「モニタリング報告書」として相談支援事業所がまとめます。
矢印

10

「受給者証」に記された支給決定期間の満了前月には、相談支援事業所が再度、上記「4~9」を実施します。このことにより、実情に合った「計画案」を作成し、より良い生活設計をプロデュースします。