株式会社土屋

ホームケア土屋

~探し求める 小さな声を ありったけの誇りと共に~

ホームケア土屋ができること

重度訪問介護を全国的に提供

全国の事業所において、多数のスタッフで、障害をお持ちの方の暮らしをサポートしております。
ALS、筋ジストロフィー等の難病、脳性麻痺、脊椎損傷などの重度の障害で、常時支援を必要とされるご利用者様のご自宅にホームヘルパーが訪問し、生活全般のサービスを提供させていただいております。

食事、排せつ、移乗等はもちろんのこと、重度訪問介護には見守りという項目がサービスとして認められておりますので、厳密に決められた時間の中ではなく、ご利用者様の「今は、こうして過ごしたい」をご自宅で支えることができます。

医療的ケア

障害をお持ちの方の中には、医療的ケア(気管切開による喀痰吸引や胃ろう等を用いた経管栄養等)が欠かせない方もいらっしゃいます。

この医療的ケアを提供させていただくために、当社は、「土屋ケアカレッジ」を開講。

重度訪問介護従事者研修(統合課程)という資格を現場で働くスタッフ全員に取得していただき、看護師から厳格な実地指導を経て、医療的ケアが必要な方々にサービスを提供しております。

医療的ケアが提供できるヘルパーは全国で多数在籍しております。

24時間365日
年中無休の対応

必要とされていらっしゃる全ての方に必要なサービスをお届けするため、24時間体制のサービスを365日提供させていただいております。

ご利用者様がご自宅でその日の生活を、当たり前のように選択できる環境は、介護保険のように、1日数時間までのサービスと限られた中ではご本人様やそのご家族様に負担が生じます。

そんな負担をできる限り軽減すべく24時間365日サポートさせていただきます。

土屋ホームケアは、昼夜を問わずご希望の時間に伺わせていただきます。

重度訪問介護サービスの対象となる方

重度訪問の対象者は、重度の肢体不自由者又は重度の知的障害若しくは精神障害により行動上著しい困難を有する方であって、常時介護を要する障害者の方となっております。

主に、ALS、脳性麻痺、脊髄損傷、筋ジストロフィー、多系統萎縮症、重度心身障害、などの方が対象となります。

障害支援区分4以上に該当し、次の(一)又は(二)のいずれかに該当する方

(一) 二肢以上に麻痺等がある方であって、障害支援区分の認定調査項目のうち「歩行」、「移乗」、「排尿」、「排便」のいずれもが「支援が不要」以外に認定されている方

(二) 障害支援区分の認定調査項目のうち行動関連項目等(12項目)の合計点数が10点以上である方

重度訪問介護の料金について

障がい福祉サービスの重度訪問介護は公的制度のため、0円から最大でも37,200円の自己負担になります。

〜厚生労働省の障がい者の自己負担のページより