ブログ

私のビジョン / 青山純二(ホームケア土屋 北海道)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)

「株式会社土屋」「ホームケア土屋」「土屋ケアカレッジ」をまず全国津々浦々、知って頂くよう取り組んでいきたい。

我々は現在、在宅を中心としたいわゆる訪問介護を主としている介護事業所である。
我々は介護を提供しているが、その中において介護保険の訪問介護、障害福祉サービスの居宅介護、重度訪問介護が専らである。延いては在宅における医療的ケアをも併せて対応可能である。

弊社従業員は研修事業者である土屋ケアカレッジにて重度訪問介護従業者養成研修統合課程を受けて頂き、その後にホームケア土屋にて支援が必要な方々に介護を提供するといったフローである。土屋ケアカレッジとホームケア土屋がいわば連携している。

障害福祉サービスにも様々なサービスが存在しているが、その中でも重度訪問介護は利用者(クライアント)側は知っている方がいれば、それとは対象的に制度を知らない方もいらっしゃるのではないか?

その制度を知らない方々に我々は、広く知らしめたいと思っている。住み慣れた場所、住み慣れた家、即ちご自宅で生活を希望されている方の生活を総合的にお手伝いすることが私のビジョンである。

ご自宅での生活を望んでいるのにも関わらず、実現出来ない方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

土屋ケアカレッジとホームケア土屋の連携チームが、重度訪問介護を利用されたい方々に対して障害福祉サービスの重度訪問介護というサービスを啓発出来ればと思っている。

ホームケア土屋・土屋ケアカレッジの2本柱で各都道府県、各市町村に事業所を構えていき、介護が必要な方々に素早く対応出来る会社を目指していきたい。

訪問診療、訪問看護、居宅介護支援専門員等々と連携して、障害を持った方々と我々は共生出来ればと思っている。

 

青山 純二(あおやま じゅんじ)
ホームケア土屋 北海道

 

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 小さな自分を抱きしめて~高野山への旅~ / 安積遊歩

  2. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記87~身体介護のやり方は人それぞれ②~ / 渡邉由美子

  3. 脱施設化に向けて〜やまゆり園事件を忘れない〜 / 安積遊歩

  4. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記86~身体介護のやり方は人それぞれ~ / 渡邉由美子

  5. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記85~相模原障がい者殺傷事件から6年に思うこと~ / 渡邉由美子

  1. 涙の海へ-ひかりとかさぶた PART1 / 大山 景子

  2. トリアージ / 佐々木 優

  3. 「変わる」を実践する方法 / 牧之瀬雄亮

  4. 「メリークリスマスと言いたい」 / 長尾公子

  5. 涙の海へ〜ひかりとかさぶた Part2 / 大山 景子

TOP