ブログ

私が介護のお仕事を始めた理由 / 岡本侑生絵 (ホームケア土屋 山形)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)

『なんとなく興味から』ですね。そして『一生続けていける仕事』『私の天職』と思えた から!です w。
話せば私の職歴をたどる話になってしまいますが、最初、始まり、きっかけは離婚ですよね、してなければ、介護の仕事にも興味を抱く事はなかったと思います。

仕事に対しての考え方や方向性、必要性。等全く違っていたので、その当時は花が好きだったので、花屋で働きたいくらいにしか考えていませんでした。しかし、当時離婚し、シングルとして生きていく事を決めた私は、この仕事をしてみたいと思って就いた事はなく、『収入と子供の学校の行事参加ができるか!』 を優先で仕事を選んでいて、介護の仕事は全く考えていませんでした。

今まで、仕事は色々したものの(この話を深堀すると 1000 字以上になってしまうので、端折らせて下さい)、ホテルの仕事を10 年以上してから、この仕事に就く事になるのですが。ホテルの仕事も色々させて頂き、人員配置、時間管理、新人育成、研修、各事業所に手配、また人員不足の場合は、現場でのサービスも入る等、様々な業務をしてきました。そんな日々を送っていく中で、ようやく上の長女が専門学校を卒業し、やっと正社員として働くようになって、自分の先を考えていけるようになりました。

ホテルの仕事より収入があり、尚且つ自分がやりたい仕事ってあるだろうか。『まだ二人の子供にはお金がかかる』、収入の事を切り離して考える事はできませんでした。しかし自分の年齢も考えると、『ゆっくり考えてはいられない年齢よ!』と思い始めた時、とある求人で支援相談員募集の広告を見て、興味が湧いて、話を聞きに行きました。

そこは小さな派遣会社で、社長みたいな人が独りで切り盛りしており、良い感じの会社でした。そこの社長?と色々話をして、実際に募集している老人保健介護施設に面接に行く事になり、トントン拍子で、いつから来られるかとの話に。

この時に転職の二文字が頭の中にグルグル。私もかなり考えて下した決断に迷いはなかったのですが、ホテルでの仕事の引継ぎなどがあり、2か月近く先の入職でお願いしたのを、 今となっては10年程前の話になりますが、鮮明に覚えています。
こんな感じで私はなんとなく興味から介護の仕事を始めたのです。

でも実際、介護の仕事とホテルでの業務と重なる部分が多く、給料なんて二の次、『まずは仕事を覚えて』と思える自分に『私の天職かも』(笑)みたいな思い込みから、色々な仕事はあるけれど、こんなに福祉の仕事は奥が深く、様々な職種が協力しながら一人の方を支援していく事でその方や家族の生活も変えてしまう。私は福祉の仕事にどっぷりハマって、現在進行形。

また自分としては更なる目標として、通信ですが福祉の大学に行きたいと思っています。 一生続けていける仕事として、介護の仕事に邁進したいと思う今日この頃です。

 

岡本 侑生絵
ホームケア土屋 山形

 

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 脱施設化に向けて〜やまゆり園事件を忘れない〜 / 安積遊歩

  2. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記86~身体介護のやり方は人それぞれ~ / 渡邉由美子

  3. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記85~相模原障がい者殺傷事件から6年に思うこと~ / 渡邉由美子

  4. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記84~いかなる理由でも人を殺めてはいけない平和な世の中を再生するには~ / 渡邉由美子

  5. 小さな自分を抱きしめて〜体を自分で見るということ〜 / 安積遊歩

  1. 涙の海へ-ひかりとかさぶた PART1 / 大山 景子

  2. 「メリークリスマスと言いたい」 / 長尾公子

  3. トリアージ / 佐々木 優

  4. 涙の海へ〜ひかりとかさぶた Part2 / 大山 景子

  5. 「変わる」を実践する方法 / 牧之瀬雄亮

TOP