ブログ

ウクライナ障害者国民会議(NADP)からの ロシア軍によるウクライナ侵略に関する緊急アピールを知ってほしい / 古本 聡

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)

ロシア軍が、第二次世界大戦のナチス・ドイツ軍によるバルバロッサ作戦を想起させるような戦法でウクライナに襲い掛かってから、本稿を執筆している時点で14日間が経ちました。その間、筆者は戦闘地域に必ずや居るであろう障害児者の様子がわかるニュースレポートが無いものかと探し回っていました。しかしながらそのような情報は全くなく、日本は言うまでもなく、私が解する言語で情報提供をしている各国のメディアは、停戦交渉やロシアに対する外交・経済制裁などの報道、識者の説得力ありそうでなさそうなコメントで溢れかえっています。

侵略が始まって1週間経った頃くらいからやっとSNSで、ウクライナ市民の悲惨な状況が伝わり始めました。例えば、「ウクライナ東部から高齢の母親に支えられながら西部の隣国との国境に辿り着いた脳性麻痺の男性。そこで親子を待ち受けていたのはまさかの入国拒否。理由は健康ではなく難民施設での生活に適さないから」や「アメリカの障害者擁護団体が重度心身障害者をバスで国境まで運んだところ、収容する医療施設が無い、とバスごと拒絶された」など、悲痛な叫びが聞こえてきます。それらのツィート、メッセージの一部はフェイクかもしれないと疑いつつも、あの辺の国々ではありえない話ではないと、現地に逗留した経験のある筆者には思えます。

そして3月5に私は、欧州障害者フォーラム(EDF)が、ウクライナの国内で活動している障害者団体「ウクライナ障害者国民会議(NADP)」の緊急アピールをシェアしているのを見つけました。その文面をここに和文、英文、露文の3か国語でお伝えしたいと思います。それが私に今直ぐにできることだということであり、私の義務だと感じるからです。皆様にはこれを是非ともお読みいただき、その内容を拡散していただきたくお願いいたします。

なお、この欧州障害者フォーラム(EDF)という障害者団体は、ヨーロッパ各国に住む1億人以上の障害者の利益を擁護する傘下組織で、ヨーロッパ各国にある代表的な障害者団体が集結する独立非政府組織(NGO)です。所在地はベルギーのブリュッセルです・

戦争は優生思想が為せる最たる愚行・蛮行です。それは決してゲームではありません。無数の人命、人権、家庭、財産を奪い、尊厳を踏みにじるとともに、民主主義や社会を崩壊させます。今この瞬間にもウクライナでは、健常者もそうですが、おびただしい数の障害者とその家族が戦禍に巻き込まれています。

戦争はまた、医療モデルにしても社会モデルにしても、「障害」の最も大きな原因です。これまで歴史が幾度となく証明してきたように、この直接的で最悪最凶の暴力にあっては、障害者、高齢者、子供、さらには全ての人々の福祉は瞬く間に吹き飛び消えてしまいます。

筆者は幼少期~高校時代を、そのような蛮行の傷跡が、日常目にする景色にも、人々の心にも色濃く、まだ血を滲ませながら残っているような場所で育ちました。その頃、その場所はソ連と呼ばれていました。また、旧い体制が崩れ落ちるときに起こった様々な対立や紛争で大勢の友人たちと永遠に別れなければなりませんでした。だからこそ、強烈な痛みとして肌と心で感じるのです。この戦禍を、この地獄を一刻も早く止めねばと。

ウクライナには270万人の障害者がいます。先にも触れましたように、多くの人たちが難民として国を出ることもままならない状況にいます。彼ら/彼女らの命と安全が非常に危惧されます。

筆者は、同じ気持ちを持つ他の多くの人たちとともに、障害者権利条約第11条(危険な状況及び人道上の緊急事態)から「ウクライナにおける障害者の保護と安全」を心から強く訴えます。「小さな声」に手を差し伸べるためにも。

NADPからEDFに送られた手紙はこちらからご覧いただけます➡

(和訳・引用開始)
【各国際障害者団体へのアピール
キエフ、2022年3月1日

現在、私たちはウクライナで子どもや女性が死んでいくのを目の当たりにしています。ロシア軍は私たちの息子、娘、夫を殺し、私たちの街を破壊しているのです。

ロシア連邦は、国際人道法のすべての規定に違反し、また同法で禁止されている戦法を用いて、わが国の領土で破壊・殺戮行為を行っています。

ロシア軍は毎日、この国の都市にある住宅地に意図的な火器攻撃を行い、そのため女性や子どもたちは怯えながら、何日間も防空壕に身を潜めて過ごすことを余儀なくされています。ロシア軍に占拠された都市や町では、水、食糧、医薬品が不足し、人々が大変な苦しみの中にいます。侵略者は、障害者を含む民間人が町から脱出するのを妨げ人間の盾として利用しています。攻撃しようとすると住民が巻き添えになるように、わざと民家やアパートに隣接して軍用車両や装備を配置しているのです。

長年にわたり、さまざまな国の障害者が、自分たちの権利のために共に闘ってきました。障害者団体は、その権利を守るために膨大な戦いの経験を持っています。

今ウクライナでは、障害者と障害者団体は国に協力・連帯し、私たちの守備隊とスクラムを組んで闘っています。食事を作る、物資発送・連絡係として働く、薬を届ける、病院で手伝う、国内の避難民に避難場所を提供する、各地域の民間防衛隊に加わる、あるいは火炎瓶を作るなど、誰もができる限りの支援をしようとしているのです。

昨日、ある男性がキエフ近郊で家族と家を守るために殺されたという情報が入りました。その人は、家族にとって大切な息子であり、父親であり、夫だったのです。彼は車いすを使用して暮らしていましたが、防衛軍に参加していました。世界的に有名な我国のパラリンピック・アスリートたちが武器を手にしています。私たちは団結しています。

私たちは、各国の障害者団体の代表の皆さんに、平和のための戦いにおいて、支援をお願いしたいと思います。私たちは平和を望んでいるのです。

私たちはまた、皆さんの国で私たちの声を代弁してくださるようお願いいたします。

皆さんの中には、元兵士、平和維持活動家、戦争帰還兵など、戦争や紛争で障害を負われて障害者団体の代表者になられた方もおられるでしょう。ならば、戦争がもたらす悲惨さを誰よりも深く理解していらっしゃることでしょう。

プーチン氏とその内閣は、民間人、私たちの都市や町、村を一掃し、彼らの命令の下で行われた数々の残虐行為について非難されなければなりません。今、私達が採る行動に、すべての国々の運命がかかっていると言っても過言ではありません。

私たちを支援し、あなたの国で真実を広め、あなたの政府に行動を起こすよう促してください。悲しいことに、一部の国はまだウクライナを助ける決断をしていません。

私たちの国の平和を守るために力をお貸しください。

ウクライナ障害者国民会議】(和訳・引用終了)

(英語引用開始)
【Appeal to international organizations for people with disabilities

Kyiv, March 1, 2022

Today we are seeing children and women dying in Ukraine; the Russian army is killing our sons, daughters and husbands; they are destroying our cities.

The Russian Federation is carrying out hostilities on the territory of our State, in violation of all the principles of international humanitarian law and using methods of warfare that are also prohibited by international humanitarian law.

Every day Russian troops are deliberately firing at residential districts in our cities; women and children have to spend several days in a row in air-raid shelters; the captured cities and towns are struggling due to the lack of water, food and medicines. The invaders prevent civilians, including people with disabilities, from leaving their towns and cities, and use them as human shields: they place military vehicles and equipment next to civilian buildings and people’s’ houses.

Over many years people with disabilities from different countries have stood together to fight for their rights. Disabled people’s organizations have huge experience in upholding those rights.

Today in Ukraine, people with disabilities and disabled people’s organizations are helping our State and are standing shoulder to shoulder with our defenders. Everyone is trying to help as best they can: by cooking meals, working as dispatchers, delivering medicines, helping in hospitals, offering shelter to displaced people within the country, joining territorial civilian defence forces, or making Molotov cocktails. Yesterday we received information that a son, father and husband was killed near Kiev when defending his family, his home. He used a wheelchair but also joined the defence forces. Our world-famous paralympic athletes took up arms. We are united.

We call upon you, representatives of disabled people’s organizations in different countries, to support us in our fight for peace. We want peace!

We are asking you to be our voice in your countries.

You represent different organizations, including those for former soldiers, peacekeepers, war veterans. You will know better than anyone else about the horrors brought about by war.

Putin and his cabinet must be condemned for wiping out civilian populations, our cities, towns and villages, and for examples of brutality committed under their orders. Today the fate of all countries is at stake.

Support us, spread the truth in your countries, urge your governments to act, because, sadly, some countries still have not decided to help Ukraine.

Help to defend peace in our country.

National Assembly of People with Disabilities of Ukraine】(英文引用終了)

(露訳・引用開始)
【Обращение к международным организациям для людей с ограниченными возможностями

Киев, 1 марта 2022 года

Сегодня мы видим, как в Украине гибнут дети и женщины; российская армия убивает наших сыновей, дочерей и мужей; разрушает наши города.

Российская Федерация ведет боевые действия на территории нашего государства, нарушая все принципы международного гуманитарного права и используя методы ведения войны, которые также запрещены международным гуманитарным правом.

Каждый день российские войска целенаправленно обстреливают жилые кварталы наших городов, женщины и дети вынуждены по несколько дней подряд проводить в бомбоубежищах, захваченные города и поселки испытывают трудности из-за отсутствия воды, продуктов питания и медикаментов. Захватчики не дают мирным жителям, в том числе людям с ограниченными возможностями, покинуть свои города и используют их в качестве живого щита: размещают военную технику и оборудование рядом с гражданскими зданиями и домами людей.

На протяжении многих лет люди с ограниченными возможностями из разных стран объединялись в борьбе за свои права. Организации инвалидов имеют огромный опыт в отстаивании этих прав.

Сегодня в Украине люди с инвалидностью и организации инвалидов помогают нашему государству и стоят плечом к плечу с нашими защитниками. Каждый старается помочь, как может: готовит еду, работает диспетчером, доставляет лекарства, помогает в больницах, предоставляет кров перемещенным лицам внутри страны, вступает в территориальные силы гражданской обороны или готовит бутылки с зажигательной смесью. Вчера мы получили информацию, что сын, отец и муж был убит под Киевом, защищая свою семью, свой дом. Он передвигался на инвалидной коляске, но тоже вступил в ряды сил обороны. Наши всемирно известные паралимпийцы взяли в руки оружие. Мы едины.

Мы призываем вас, представителей организаций инвалидов в разных странах, поддержать нас в борьбе за мир. Мы хотим мира!

Мы просим вас быть нашим голосом в ваших странах.

Вы представляете разные организации, в том числе организации бывших солдат, миротворцев, ветеранов войны. Вы лучше, чем кто-либо другой, знаете об ужасах, к которым приводит война.

Путин и его кабинет должны быть осуждены за уничтожение гражданского населения, наших городов, поселков и деревень, а также за примеры жестокости, совершенные по их приказу. Сегодня на карту поставлена судьба всех стран.

Поддержите нас, распространяйте правду в своих странах, призывайте свои правительства к действиям, потому что, к сожалению, некоторые страны до сих пор не решили помочь Украине.

Помогите отстоять мир в нашей стране.

Национальная ассамблея людей с ограниченными возможностями Украины 】(露訳・引用終了)

戦争にノーを!   No to War!   Нет войне!

(本文執筆・引用文英訳・露訳:古本 聡)

◆プロフィール
古本 聡(こもと さとし)
1957年生まれ

脳性麻痺による四肢障害。車いすユーザー。 旧ソ連で約10年間生活。内幼少期5年間を現地の障害児収容施設で過ごす。

早稲田大学商学部卒。
18~24歳の間、障害者運動に加わり、障害者自立生活のサポート役としてボランティア、 介助者の勧誘・コーディネートを行う。大学卒業後、翻訳会社を設立、2019年まで運営。

2016年より介護従事者向け講座、学習会・研修会等の講師、コラム執筆を主に担当。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 脱施設化に向けて その3 / 安積遊歩

  2. 脱施設化に向けて その2 / 安積遊歩

  3. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記74~遠出の外出に思うこと~ / 渡邉由美子

  4. 高浜敏之代表が物申す!シリーズ④

  5. 地域で生きる/22年目の地域生活奮闘記73~大型の電動車椅子で外食をすることについて~ / 渡邉由美子

  1. 「変わる」を実践する方法 / 牧之瀬雄亮

  2. 涙の海へ〜ひかりとかさぶた Part2 / 大山 景子

  3. トリアージ / 佐々木 優

  4. 「メリークリスマスと言いたい」 / 長尾公子

  5. 涙の海へ-ひかりとかさぶた PART1 / 大山 景子

TOP