BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

この仕事だからこそ、とても期待しているメタバース / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西 ブロックマネージャー)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は三重県に住んでおり、関西サブマネージャーを拝命しているため、昨年は担当エリアへは週1度は顔を出しコミュニケーションを図っていた。また、他にも様々な仕事を任されているため、日本の真ん中の三重から北海道や九州のみなさまともコミュニケーションをとっ

「誇らしさ」という強さと「優しさ」というしなやかさ / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)先日、ある行政の方とお話をする機会がありました。その方は(株)土屋のことをご存じなかったのですが、(株)土屋のことを紹介していく中で、とても前向きに、かつポテンシャルの大きさにとても興味をそそられていました。その中でも一番お褒めいただいたこと

いつも心に素直さと謙虚さと誠実さを / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西 ブロックマネージャー)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「俺がいないとこの事業は成り立たない!!」以前、関わっていた会社の課長級の方で、この言葉を大声で叫んでいる方がいた。実際そうなのかな?と思い、その方の部下である課長補佐に「そうなんですか?」と聞いてみたところ、「全くそのようなわけはないで

私が介護のお仕事をはじめた理由 / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)介護に携わった初めての経験は、祖父の介護だった。私自身まだ小学生だったため、特に大きく介護に携わったということもなく、話し相手や散歩の付き添いをしていたぐらいだった。主介護者は、母と祖母で、とても大変そうだ・・と子どもながらに思っていたことを

みんなから信じて頼られること、みんなを信じて頼ること / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私たちの仕事は人間関係で成り立っており、クライアントや同僚、上司や仲間たちと自分等々、様々な形で人と人とが接しながら日々の業務をこなしている。その私たちの仕事といえば、クライアントに安全に・安心な生活を営んでいただき、アテンダントみんなが気

よりよい組織づくりのために / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「日本一働きたい介護会社を目指す!」私ども(株)土屋の小黒副社長の想いである。「この想いを実現したい!」と思っているのは、マネージャー陣全員の想いだと感じているし、「この想いを実現してほしい!」と思っているのはマネージャー陣含めた社員全員

怒りの作法~怒りの経験から生かしていきたい~  / 野呂一樹(ホームケア土屋 関西)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)最近、いくつかの怒りの矛先を受けている自分にとっては、こちらのコラムを書いている時間はいろいろ考える時間として使うことができた。まずは、「怒る」ほうも「怒り」が向いたほうもどちらも本当に「疲れる」、そして「すっきりしない」ということが本当に

変化するということ / 野呂一樹(ホームケア土屋 東海) ~新しいことへの挑戦と反省~

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は株式会社(営利企業)が介護に参入する、ということに大変な嫌悪感を持っていた。10年以上も社会福祉法人で働いており、1法人1施設の社会福祉法人やNPO法人との関わりが深かったため、クライアント一人一人と寄り添う密な支援の素晴らしさを実感し

私のビジョン~株式会社土屋だからこそ叶えることができる世界~ / 野呂一樹(ホームケア土屋 東海)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)株式会社土屋が出帆して4か月が経とうとしている。日に日に会社の形が強く、また大きく、そして密に作り上げられていく過程を見ることができ、とても興奮している。「会社が立ち上がる。」という過去の歴史で何度も繰り返されてきた事柄ではあるが、この規

TOP