BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

コロナ禍で支援現場がどう変わりましたか? / 友蔵(ホームケア土屋 岡山)

見えない笑顔笑顔が売りなのに マスクにフェースシールド。私にはクライアントの顔がよく見えるのに、クライアントからしてみたら表情が読み取れない。マスクからの笑顔は相手には分かって貰えるのだろうか? この私の素敵な笑顔に!コロナ禍で採用になった私。マスクが当たり前。でもやっぱ

社内公募企画第六弾「27歳のわたしへ書く手紙 」/ 友蔵(ホームケア土屋 岡山)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)若いが故に無知だった自分。祖母が末期の癌で寝たきりの半年間、1歳になる息子を抱えた妊娠中の私。朝から祖母の部屋へ行き、身体を拭いて、着替えをしてオムツを交換する。元々、食の細い祖母。あまり食べることもなく、やせ細っていく姿があった。

社内公募企画第六弾「23歳のわたしへ書く手紙」 / 友蔵(ホームケア土屋 岡山)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)遡れば25年前の私へ物申したい。若さゆえに、知識知らずゆえに、我が子を手放した私へ。早くに結婚をして二人の子供を授かったのに、訳あって手放すことになった私は、この25年、後悔しかなかった。今でもそれは後悔してもしきれない。若かった私には先

TOP