地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記㉟~就学猶予から始まった私の重度障がい者人生~ / 渡邉由美子

私は生まれて以来、ずっと重い肢体不自由を抱えて今日まで生きてきました。 以前にも幼少期の事を記したブログを書いていますが、幼少の頃は1歳半離れた姉がいたことにより姉の友達が家に常に遊びに来ていて、自然と健常児の子どもと触 …

地域で生きる/21年目の奮闘記㉞~相模原障がい者殺傷事件から5年を経過して思うこと~ / 渡邉由美子

今日この原稿を書いている7月26日は、相模原の障がい者支援施設「津久井やまゆり園」で5年前に重い知的障がいを持つ人19人が同じ施設の元職員によって殺害された日です。この時期になると、この事件のことを毎年このブログに綴って …

地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記㉝~コロナ禍でのオリンピック・パラリンピック開催に思うこと~ / 渡邉由美子

この文章を書いている時は東京オリンピックの開会式の一週間前を切っている時期です。聖火リレーはすでに最終地点の東京にきており、実感は未だに湧かないものの、オリンピックは間近に迫っているようです、 このいよいよオリンピックと …

地域で生きる/21年目の奮闘記㉝~雨にも負けず、風にも負けず行われる社会参加活動~/ 渡邉由美子

もうすぐ今年の梅雨も終わりそうです。しかし、ここ数年は梅雨といっても雨らしい雨が降らない空梅雨の年が続いていました。しかし、今年は訳が違うようです。降るとなったらバケツをひっくり返したなんて言う表現では到底間に合わない程 …

地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記㉜〜誰もが着やすいファッション性のある洋服を求めて〜 / 渡邉由美子

私は服装をあまり構うことなく、今まで生きてきてしまいました。 今から思えば人生損をしたと思うのです。何故かといえば、人が美しく装うことが生きる上での楽しみの一つだから、その楽しみを自ら放棄してしまうことになっているので凄 …

地域で生きる/21年目の奮闘記㉛~「いのちの停車場」という映画を鑑賞して~ / 渡邉由美子

先日、いつもの用事が思いの他早く終わり、珍しく少し気持ちにゆとりを持てる時間ができました。普段私は公私の区別をつけたり、切り替えをしたりしてプライベートな時間をきちんと確保することが苦手です。ただただがんばっていればいい …

地域で生きる/20年目の地域生活奮闘記㉚~○○歳の誕生日に思うこと~ / 渡邉由美子

私事で大変恐縮ですが、先日私は○○歳の誕生日を無事迎えることが出来ました。この歳にして情けない話なのですが、両親をはじめ姉、義兄、姪っ子、甥っ子全員からの誕生日プレゼントという事で、大型で最新式の有名メーカーの冷蔵庫を購 …

地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記㉙~人に伝えると伝わるの違いは大きい 後編~ / 渡邉由美子

前回に続けて今回は、対面による介護現場を想定した実技演習の様子を伝えていこうと思います。 本来、この資格を取った後に入る利用者様が決まっていれば、そこでその人に必要な介護を積み重ねて実地研修した方が身に付けたいスキルやコ …

地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記㉘~人に伝えると伝わるの違いは大きい 前編~ / 渡邉由美子

私は身体のほとんどが自分の意志では動かないので、起きている間はずっと喋っていると言われるほど口を動かして活動していることが多いのです。これは今に始まったことではなく、物心ついてからその生活が身についたという感じです。 た …