BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

サンタさん / 池田 憲治

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)こんばんは。株式会社土屋 岡山の池田憲治です。本日もよろしくお願い致します。2020年もいよいよ終盤を迎えています。この1年を振り返ると、仕事・仕事・仕事・時々家族。簡単にいうとそんな1年でした。来年こそはサッカーを楽しみたい!!そう願うば

『記憶~光~』 / 富田 祥子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)年が暮れようとしている。思いもよらないことが、立て続けに起こった一年だった。今日を生き延び、明日を生き延びる。明後日を生き延び、明々後日を生き延びる。それを繰り返し、繰り返し、いつか光が差し込んでくる。そう信じて、歩いてゆくしかないのかもし

土屋の挑戦 インクルーシブな社会を求めて⑬ / 高浜敏之

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)13 私が出会った障害者運動の先駆者たち③『安積遊歩さん その1』自分の人生のロールモデルを上げろと言われたら、真っ先に思いつく人の一人が安積遊歩さんだ。ここ十数年の間、彼女が指し示す方向性に向かって知らないうちに歩んできたように思えるし、

地域で生きる/20年目の地域生活奮闘記⑥ ~新型コロナウイルス感染症に翻弄される1年について~ / 渡邉由美子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)今年はクリスマスも忘年会も出来ない異例の年末年始です。何もかもが普通通りに、思うようにならない1年でした。それでも幸い私自身は新型コロナウイルスにかかることも、介護者が罹患することもなく、年を越せそうな目途が立ってきたような気がします(まだ、

子育て1年目を終えて / 大庭 竜也

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は、妻と長女と犬1匹の4人家族です。長女は2019年12月に出生しました。予定日から1ヶ月も早く産まれた為、産まれてから約1ヶ月間NICU(新生児集中治療室)で過ごしました。体重が2300gないと退院出来ないという規定があった為、早く大き

にわとりの命から考える / 安積 遊歩

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私と娘は、私は20歳の時から、彼女は生まれた時から、なるべくベジタリアン生活を心がけ、ここ数年は家の中では完全ビーガンだ。もっとも彼女は今、ニュージーランドで3人のシェアメイトと暮らしているので厳格ではなさそうだが。ニュージーランドは酪農の

サンタクロース / 安積遊歩

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私の幼い頃にはサンタクロースは存在していなかった。クリスマスツリーを飾るということも、イブとクリスマスの違いも知らなかった。私の父は中国で日本の兵隊として1943年から2年半、そして敗戦後4年半は捕虜としてシベリアに抑留された。彼の言動には

『福祉の仕事も悪くない』【前編】 / わたしの

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「秋之(アキユキ)さん、今日追加でもう一件お願いできない?晴明(ハルアキ)さんのガイド」一件目の仕事を終えて事務所に戻ると、コーディネーターの永利子から声を掛けられた。予定していたヘルパーがインフルでダウンしたらしい。帰ってもどうせ昼間

サンタからの励まし / 古本 聡

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)数年前、ある動画でサンタクロースが、集まった小学校低学年くらいの子供たちにプレゼントを手渡しながら、褒めたり励ましたりしていた。たぶん、子供たちへのメッセージは、予め親御さんたちから聞いておいたものだったのだろう。集まった子供たちの中に一人

障害のある人たちの生活(その2) / 田中 恵美子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)前回登場した松田さん夫婦、沖田さん、川崎さんから私が学んだことは、障害といわれる、いわゆる身体的な違いがあっても、障害のないという私と変わらない人間としての営みがあるということです。当たり前じゃないか、と思っている方もいらっしゃるでしょうが

TOP