BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

赤丸と浣腸の話。 / 鶴﨑彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)風が秋らしくなって、虫がよく出るうちの近所では鈴虫が鳴き始めた。もう季節が変わったなぁー。としみじみしたけれど、そんな情緒のある「便り」の前に季節が変わったことは気づいていた。その最速の秋の「便り」が、自分の身体から届いたからである。腰痛とい

「飲む」って意外に大変かも…。 / 鶴﨑彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は、笑い上戸である。「笑顔がいいなぁ〜。」とか、「ホンマに元気もらえるわ。」などと言ってもらえることも多いけれど、悪魔がやってくることもある。腹圧のコントロールがしづらい私の身体は、頼んでもないのに発射ボタンを押されることもある。特に、小

手帳と電車とバス。 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「身分証明書」というと、皆さんは何を思い浮かべるだろうか?免許証や健康保険証が多いかもしれない。しかし、私は違う。私の身分証明書のテッパンは、「身体障害者手帳」である。脳性麻痺という障害と共に生きてきた私にとっては、日常的に「いつもそこにある

家のはなしをしよう。 / 鶴﨑彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)つい先日、私の家にヤモリ(?)が出た。いやぁ。初めてみたわ。ヤモリ。外に干してた布団に隠れていたらしい。見つけてくれたアテンダントさんは、夜だったこともあって私がびびって眠れなくなることを予想し、私に声をかけてくれたときにはすでに勝負は終わっ

言葉がくれた生きがいとたくさんの笑顔。 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は、色々なところで自分の障害や体験談を話すことをライフワークとしている。障害理解を進めていきたいから?ソーシャルインクルージョンを知ってほしいから?うん。確かにそれもある。しかし、それは私にとって後付けの理由かもしれない。1番の理由は、「

私が出会った「カッコイイ女たち」② 〜胃袋、がっしりつかまれましたぁー。〜 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「もうさ、結婚できるんじゃない?」私は、晩ごはんを食べながら彼女に言った。そうすると彼女は、ケタケタ笑いながら「旦那に聞いてみるわ。」と言った。「結婚するっていうのは、もちろん冗談だけどさ。なんの打ち合わせもしてないのに、キャッチャーミット

居眠り先生のこんにゃく授業。 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は学生生活で2度、給食を食べていた期間がある。1度目は、小学校。2度目は、高校である。私が小学校入学前、身体障害を持っている子どもは、有無を言わさずに養護学校(今は特別支援学校という名称です。)という一般の学校とは違う学校に入学する。それ

かみなりと「佐々木裁き」 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)さっきのお昼のニュースで、気象予報士さんが天気図を見ながら「明日の夜中から豪雨かもしれません。」と解説をしていた。その声を聞いて、私はため息をついた。「マジかよ。今日もあんま寝てないのに・・。今日しか安眠デーないやん。」そう。私は今、凄まじ

志士のまちと障害理解。 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「維新のまち」と聞いて、みなさんはどこの地域を思い浮かべるだろうか。私は、山口県の萩。私が歴史小説に出会ったのは、中学生の頃。当時の私は、障害受容の作業の真っ最中で、「自分が障害者であること」を理解から納得に落とし込むために、自分にできるこ

「訓練」と「くつかくし」。 / 鶴﨑 彩乃

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「おいっ。お前ら!俺の靴どこやってん!」と保育士さんが吠えた。そのとき、私はうつぶせ寝の状態で乗ることができる手で漕ぐタイプの移動ツールに乗っていた。それに乗る意味は筋トレだったらしいが、筋肉がついたなぁー。という感想は一切抱くことはなかった

TOP