BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

コロナ禍で支援現場がどう変わりましたか? / 友蔵(ホームケア土屋 岡山)

見えない笑顔笑顔が売りなのに マスクにフェースシールド。私にはクライアントの顔がよく見えるのに、クライアントからしてみたら表情が読み取れない。マスクからの笑顔は相手には分かって貰えるのだろうか? この私の素敵な笑顔に!コロナ禍で採用になった私。マスクが当たり前。でもやっぱ

コロナ禍で支援現場がどう変わりましたか? / 岩目地和美(ホームケア土屋 高知)

からだに抵抗力をつけるために、納豆などの発酵食品を積極的に食べるようになりました。緑黄色野菜、ビタミンなども取り、免疫力を高めるように心がけており、お酒を飲むことが大好きで、以前は、よく近隣に飲みにいってましたが。もっぱら家のみとなり、今や外で飲むことが激減しており、飲み過ぎってこともなくなりました

『コロナ禍で支援現場がどう変わりましたか?』~支援の中にあった幸せの価値 / 川邉会美(ホームケア土屋 関西)

コロナ禍で支援現場がどう変わったか?実際の支援の状況や、心情の変化や気づきも踏まえ綴りたいと思います。コロナ禍で緊急事態宣言や自粛要請、世界ではロックダウンが実施されていたころ、日々のNEWSでは、飲食店やアミューズメント施設、スポーツやリハビリ、リラクゼーションなどのヘルスケア事業を行う館内施

コロナ禍で支援現場がどう変わりましたか?大野隼人(ホームケア土屋 長崎)

先ず、コロナ禍においてご自身、ご家族、親戚、知人等不幸があった方々にご冥福をお祈り申し上げます。避けようのない恐怖に怯える毎日に、ストレスを感じて気苦労が絶えない事かと存じます。私が入社した2021年3月は既にコロナ真っ只中でした。社会も会社もアテンダントもクライアントも、とても

地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記59~介護難民、排泄介護に悩む日々~ / 渡邊由美子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)今回は、あまり人に大きな声では言えない話題ですが、重度障害者の特に女性が直面している排泄介護問題について、私が実際に困っているという側面から考えていきたいと思います。生きている限り、健康を保っていく一番の源は、食べてそれをきちんと消化して、

地域で生きる/20年目の地域生活奮闘記58~最近の出来事に考えさせられること~ / 渡邊由美子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)先日、冬休みの時間を利用して「帆花(ほのか)」というドキュメンタリー映画を観て来ました。脳死の状態に近いと生まれて間もなく宣告された娘の両親が苦悩しながら、14年の地域生活を支えていく事を実践してきたものを明るく描いた実話の映画でした。コミ

友だち/お店に歴史あり② / 浅野史郎

1963年(昭和38年)4月、仙台第二高等学校に入学。私は1年H組大澤先生のクラスである。クラブ活動は水泳部に入る。クラス内というより水泳部で一緒の生徒と親しくなった。中でも目黒泰一郎君と親しかった。目黒君は牡鹿町(現石巻市)の牡鹿中学校出身。「自分は地元では秀才だったが、仙

地域で生きる/21年目の地域生活奮闘記57~2022年の幕開けに願う事~ / 渡邉由美子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)早いもので2022年がスタートしました。本当に月日が飛ぶように経っていきます。寅年なので年女ではありませんが、様々な苦難を乗り越えて強くたくましく今年も地域で当たり前に生きるというぶれない信念に基づいて暮らしていこうと考えています。さて、

平和の対極にあるのは何だろう / 安積遊歩

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)教会のクリスマス会に呼ばれ、「平和について思うこと」というテーマについて、小グループにわかれて話しをした。私は7人のグループのリーダーシップをとった。それぞれ、年齢にバラエティがあったので、いろんな話を聞いたが、障害をもっているのは私だけだっ

友だち/お店に歴史あり① / 浅野史郎

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)自分の人生を思い起こしてみると、それぞれの時代に友人がおり、酒場がある。長く続いている親交があるし、長く通っている酒場がある。ウイスキーの30年物に価値があるのは、長い時間熟成しているから。友人の場合も同じ。親交が長く続いているのは、そ

TOP