BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

地域格差が奪ったもの③ / 平田真利恵

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)1995年の夏、震災の爪痕が生々しく残る兵庫県で、ある障害当事者団体が「全国の身体障害を持つ高校生たちを集めての意見交換会」という大会を開催した。当時、鬱屈した日々を過ごしていた私にとって、この大会に参加した事で今後の人生が変わっていくことに

地域格差が奪ったもの② / 平田真利恵

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私は、養護学校の高等部に進学してから一時期、クラスメイト全員と考え方が合わず孤立状態になった。しかも、学校の敷地内に隣接された寮で生活していた為、気の合わない子とも学校から帰っても一緒になる。お互い気まずいが逃げることもできない。毎日が息苦し

地域格差が奪ったもの① / 平田真利恵

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私が学生時代を過ごした地元、九州・宮崎には身体障害児の養護学校は2校あった。小学部から高等部まで備わっているのはそのうちの1校だけ。中学を卒業した身体障害のある子供たちは、家の近所の普通校に通っていた生徒だろうが、養護学校生であろうが、大抵の

全身麻酔から約1時間 後編 / 平田真利恵

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私はその医師の発言で一瞬にして頭が真っ白になる。まさか、このような暴言を産婦人科の医師から言われるとは思ってもいなかったからだ。これまで生きてきて自分が「身体障害者」であることで嫌な思いをした経験は少ない方だと思う。だが、この日ばかりは自分が

全身麻酔から約1時間 前編 / 平田真利恵

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)手術が終わり、病室に戻るストレッチャーの上で私は目覚める。まだ意識は朦朧としている中、自分が今どこにいるのかもよく分からない状態だった。ストレッチャーのガラガラという音と共に、側にいた看護師から「大丈夫!赤ちゃんは元気ですよ」と聞こえてくる。

TOP