BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

「株式会社 土屋」の展望と大望 / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

2022年が幕を開けた。我ら土屋は新生土屋に変貌を遂げ、早くも2度目の年明けを迎えている。障害福祉サービスの一端である重度訪問介護を専門的にクライアントの皆様に提供してきた私たち株式会社土屋の事業であるホームケア土屋は、本年もこの重要訪問介護を必要とするクライアントに対して支援を提供していく構えであ

効率ならオンライン、人を観るならオフライン / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)オンラインやテレワークと言った非接触型の会議や仕事は、新型コロナウイルス感染症が流行し始めてから益々、加速傾向にあり、以前にも増して普及したことは間違いないだろう。オンライン会議等は通信環境が整っていれば、大概どこにいても参加可能で、遠い過

再び「怒り」について考える、私は正しい!は本当か? / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)生まれながらに私達は喜怒哀楽という感情が備えられている。人間だけでなくその他のあらゆる生物も同様である。植物については感情の有無が定かではないため、ここで言う生物とは人間や動物に対して位置付けをしたい。なぜ人は怒るのかと言えば、そもそも備えら

「ハーモニアス カコフォニー」 / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)例え話であるが水と油は性質上、交わる事はない。不可能である。私達、人間同士は同じ生物であるから仮に軋轢が生じてもいつかはわかり合える時が少なからず訪れる、ないし水と油のように交わらないことの可能性は低いだろうし人間としての関係性が崩壊したとし

ソーシャルとビジネスのバランスについて / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)私達は現在、全国各地普く、障害福祉サービスにおける重度訪問介護を提供している事業所である。介護保険の訪問介護も併せて提供している事業所である。私達はなぜ全国各地に事業所を構えているのかを紐解くと、いくつか掲げている弊社の理念のうちのひとつであ

信頼 / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)信頼されるには家族や親友等の同等以上の関係性が必要ではないだろうか。つまりは、短期間では築き得ない長期に渡るコミュニケーションを通じて接した結果、信頼関係が良いも悪いもそこで初めて生まれるのではないだろうか。我々、介護の例になぞると新しい

自信と驕りの違い / 青山純二(本社・新規エリア開発部門 シニアディレクター)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)我々は障害福祉サービスにおける重度訪問介護を提供している。クライアントの支援の例となるが、初めて重度訪問介護サービスに関わると必ず不安や戸惑いは少なからず生じるのではないだろうか?でも同行者の元で、様々なことを学んでいくうちに徐々に不安や戸

怒りの作法 / 青山純二(ホームケア土屋 北海道)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)親が子を怒る、上司が部下を怒る等、怒りは種々存在する。親が子を怒るとは躾という意味合いで怒るという意味だが、例えば子育て中に何か良くないことを子が起こすと親は怒る。上司が部下を怒るとは仕事の失敗で部下を怒ることがあるが、その怒りはその人を想っ

私のビジョン / 青山純二(ホームケア土屋 北海道)

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「株式会社土屋」「ホームケア土屋」「土屋ケアカレッジ」をまず全国津々浦々、知って頂くよう取り組んでいきたい。我々は現在、在宅を中心としたいわゆる訪問介護を主としている介護事業所である。我々は介護を提供しているが、その中において介護保険の訪

TOP