BLOG介護ブログ

㈱土屋介護ブログ

現場から見える風景③ / 富田祥子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)一年ほど通っているお宅に、Aさんという脳性麻痺の障害をもつ女性がいます。Aさんとは、私が介護を始めた当初からのお付き合いです。Aさんはいつも「ありがとう」と言って笑顔を見せる、とても楽しいクライアントです。私たちは結構ざっくばらんにお話し

『パパは新米支援員』 中編 / わたしの

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)「ハッピーデイとは何かというところから説明した方がいいですね」と、乃亜(ノア)は言った。「虎吉さんはこの仕事に就いてからハッピーデイの企画をするのははじめてですよね」「ああ」と、虎吉は答える。「ハッピーデイは簡単に言うと利用者の幸せを

赤國幼年記⑭ / 古本聡

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)アジアの血これまで書いてきた事柄と若干時系列が入れ替わるが、私は8歳の春、足の手術を受けた。股間が筋緊張で広げにくくなっていたのを動作しやすいようにする手術だ。具体的には、左右の鼠径部を切開し、そこにある、常に力が入りっぱなしで分厚く、太く

人工呼吸器をつけますか? ーALS患者さんとの出会いー① / 田中恵美子

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)筋萎縮性側索硬化症(以下ALS)の患者さんと初めて会ったのは1999年、今から20年以上前のことです。医療ソーシャルワーカーの植竹日奈さんの問いかけにこたえる形でインタビュー調査が企画されました。私は大学院生として、そのインタビューチームの一

トリアージ / 佐々木 優

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)洗濯したばかりの私のTシャツを頭からかぶり、「パパー!」と叫びながらよちよち歩きでふところに飛び込んできていたあの長女が、今春、高校を卒業する。彼女は今もなお進路に悩みながら、大学のオープンキャンパスへの参加や受験で私と行動を共にしてきた。

土屋の挑戦 インクルーシブな社会を求めて⑱-3 / 高浜敏之

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)18 私の前史 貧しさと共に③2回目のキャンパスライフが始まった。落ち着いた生活を取り戻した。父の事業も安定し、平穏な環境で学業に専念できる日々を享受することができた。とてつもなく安全な感じがした。哲学や文学を学び、語り合う友人ができた。妻

析出表の運用方法 ~8.SDGs運用ツール / 影山摩子弥

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)SDGs事業創造表は、取り組むべきSDGsを考えるためのツールである。ただし、簡易版である。取り組みのストーリーや経営的意味を書かせるようになっているので、戦略構築には使えるものの、本来は取り組むべきCSR(企業の社会的責任)の析出から始めな

わかって欲しいを降りる / 牧之瀬雄亮

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)日々暮らしの中で、一説によれば私たちは2万回思考していると言います。思考には自分が意識しているものもあれば、骨の歪みや腸内細菌の出す物質の影響など、ほぼ脳では感知できないものもあります。また細胞間絡合という観点で見れば、60兆個あるとされ

あなたの命、誰のものですか? Part 1 ~ 『生きる権利』、『死ぬ権利』、そして『死ぬ義務』 / 古本聡

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)① 命に対する所有権いきなり奇妙な質問から入って恐縮ですが、「あなたの命、あなたのものですか?」おそらくは、こう尋ねられた人たちの99%が、「当り前じゃないか、自分の命は自分のものに決まってるじゃないか!」とお答えになるでしょう。

雪国 / 池田憲治

土屋ブログ(介護・重度訪問介護・障害福祉サービス)数年に一度の寒波で大変な思いをされている方もいるかと思います。自身の体調管理、そして雪での事故にはお気を付けください。かく言う私の家族も雪国に住んでおります。この前なんて、お風呂の水道管が凍って風呂に入れないと妻が嘆いておりました。幸

TOP